オーストラリアの予防接種事情




こんにちは。先日予防接種慎重派医師リストを更新&シェアしたところ、オーストラリア在住の日本人妻の方からオーストラリアの予防接種事情を教えていただきました。
それが、、真っ黒な世界だったんですよね・・・
日本はまだまだ選択肢があるし、そんな黒い世界に立ち向かっている勇気のある医師も多いんだなって思いました。
オーストラリア在住ですが、ワクチンを打っていない子、またはスケジュールに沿ってまだ打っていないものがある子は、ワクチン拒否の正式な診断書がない場合、保育園や幼稚園などの入園ができなくなっています。

州によっては 受け入れてくれる施設もありますが、保育園や幼稚園などの費用補助も出なくなります。

自宅で子どもの面倒を見れる場合はまだしも、共働きでないと経済的に厳しい家庭やシングルマザーの場合は ワクチンを回避するのが難しい状況です。

一応、小学校からは義務教育ということなので、ワクチン接種状況関係なく通学できることにはなっているのですが、学校の担当者の誤った判断で、入学拒否されるケースもあるらしいです。

こちらではホームスクーリングの需要も高まってきていると思います。

ただ、多くの企業では学歴重視の風潮があるので、
義母さんなんかは ホームスクーリングとかありえない!と怒っていました😅

今後、ワクチン接種に関してどんどん縛りが強くなって行くと思います。

https://themindunleashed.com/…/australian-prime…

政治家と製薬会社がズブズブ状態です。

予防接種を打っていないと保育園や幼稚園の入園ができない・・😭
受け入れてもらっても費用補助が出ないってすごいですね。。
まさに政治家と製薬会社がズブズブ。。。
オーストラリアって子育てしやすそうなおおらかなイメージありましたけどね〜
私の息子は 言語発達が遅れ気味で、義母さんは幼稚園に行かせて、他の子並みにしないと、小学校に行っても授業についていけず、成績に影響する!ということを言っていました。
また、人気の大学に行くために有利な学校に入学(一貫教育タイプ)させたい場合、幼稚園から入学させておくと、高校まで余裕で進学でるのだとか。
あとは 小さい頃から馴染みのお友達と一緒に進学できるほうが楽しいに決まっている!とか、とか。かろうじて、ワクチン打っていない子でも受け入れてくれる幼稚園を見つけましたが、どんどん悪い方向に法律が変わっているので心配です。
ワクチン打ってなくても入れる幼稚園がかろうじて、なんですね。。法律が悪い方に変わっていくって怖いですよね。。

私はクイーンズランド州に住んでいますが、 ニューサウスウェルズ州やヴィクトリア州では、正式な診断書なしでワクチン打っていない子は 保育園(デイケア)、個人宅での保育園(ファミリーデイケア)、幼稚園(キンディ)は、行くことができないようです。 ノーザンテリトリー州ではその辺 ゆるいみたいです。子どもを保育園等に預けたいために、シドニーやメルボルンから、クイーンズランド州に引っ越してくる家族もいます。

尚、ゴールドコーストには、自閉症の子専用の学校が建設中だそうで、今後このような学校も各地に普及して行くのかも?と予想されます。

ワクチンは推奨して、自閉症の子専用の学校が増えていく・・・未来が濁っている・・・

https://www.humanservices.gov.au/…/12/im011-1712en-f.pdf
ちなみに、こちらが オーストラリアのワクチン拒否の正式な診断書 的なフォームです。
これにサインしてくれるドクターはなかなかいません
実際にワクチン打ってみて深刻な副作用、アナフィラキーショックなどが発生した場合は サイン貰えるっぽいですが、
こっちは、そうならないように避けているというのに!血液検査でチェックして、既に自然に獲得した免疫を持っているものなどは予防接種 回避できますので、2歳から5歳まで待って それから必要なものを打つという方針のご家庭はトータルで 打たなきゃいけないワクチンの量は減らせますね。この診断書があれば 一般的な 保育園や幼稚園にも通えます。
一昔前までは、宗教の理由や人道的な理由で という選択肢もあったもですが、三年前くらいに こういった理由も却下されてしまいました。アメリカでも、宗教上の理由などでワクチン拒否な州もありますが、多くはオーストラリアと似たような感じだそうです。

「オーストラリアの予防接種登録 予防接種医療免除」が必要なんですね。。
翻訳してひっくり返りそうになりました。。
予防接種を拒否するのは個人の自由なのですが、幼稚園などに通わせるには ワクチンを打っていない理由を示さなきゃいけない、という感じですかね。あと診断書があれば、補助金も 一般家庭と同じように貰えます。
血液検査で○○に対してアレルギーがある事が証明できれば、ワクチン回避できるケースもあるみたいです。血液検査のデータも提出しなければいけないようなのが厄介です。(偽装が難しい)
診断書があれば補助金も出て幼稚園保育園も通わせられる、でも血液検査のデータも提出しなければいけない、これにサインしてくれるドクターがなかなかいないっていうのは板挟みですね・・・・
どうでしょうか。
オーストラリアが黒く見えて来ました。
これからはブラックオーストラリアと呼ぼうと思います。

日本だって政治家次第では製薬会社とズブズブの関係にならないとも限らないですよね。

一人一人が予防接種について立ち止まって考える。
政治に興味をもって、自分の意思をもって投票する。
そうしていかないといけないなーと痛感しました。
ブラックなオーストラリア予防接種事情のシェアでした!
(Visited 2,432 times, 1 visits today)