【名医は虫歯を削らない治療レポ】3周回って虫歯はやっぱり冷えだと思う。




こんにちは。3歳6歳姉妹の母あすかです。

削らない虫歯治療、ドッグベスト療法の治療レポです。

以前のレポはこちらからどうぞ。

関連カテゴリー削らない虫歯治療

【これまでの経過】

私の銀歯が取れて「名医は虫歯を削らない」に載っていた歯科医院を受診。その後1歳半から虫歯の次女と、昨年末に虫歯ができてしまった長女も一緒に受診。

5月に受診して、次女はドッグベスト塗布のみ、長女はドッグベスト&白い樹脂を詰めました。

が、長女の方は樹脂が取れる&新たに虫歯ができたので9月に受診。

6歳児虫歯の現状

今はこんな感じで、上の奥歯両方と、下の奥歯から1つ手前に穴が空いてます。

上の奥歯は治療したけど、下の奥歯の虫歯が発覚してから歯医者に連れて行くまで2ヶ月かかっていまいました💦

スッポリかぶせる銀歯が違和感だった

私はドッグベストで削った歯は白いグラディアという樹脂を詰めてもらいました。以前は銀歯だったので白くなって嬉しかったのですが、子供の銀歯はなぜかスッポリかぶせる感じで長女も泣いて嫌がりました😭

子供の歯は小さいし、虫歯の穴も小さいのでドッグベストの樹脂は取れやすいそうで、銀歯の方が安全と言われたけど…なかなか自分の中でこのことが消化できなかったんですよね。
子供は大人に比べると安くやってもらえるので(1本3,200円+税)助かるのですが、スッポリ銀歯被せてる子いないよなー。と日々子供たちを観察して思うわけで…

でも、麻酔とか削る不快感なく治療ができるってのはありがたいよなーと思い、銀歯にすることに。次回型をとって銀歯を詰めます。

レーザーで永久歯に虫歯の反応が出てると言われる💦

今の歯科医院ではレーザーの機械で虫歯の数値を測ることができます。で、前回長女は6本虫歯があると言われていました。現状穴があいてる4本と、穴が空いてない下の奥歯2本が溝のところに反応が出てると言われました。

今回4ヶ月ぶりに受診したら、生え始めた6歳臼歯にも虫歯の反応が出てると言われて

ガボーン( ̄◇ ̄

って感じで結構悲しかったです…

でも前回虫歯の反応が出てない歯に穴が開いたので、レーザーの測定精度やいかに!?と疑う心の狭い私。

歯の染め出しなどで歯磨き指導をしてもらう

今回は治療はなく、歯科衛生士さん(美人)から歯磨きの仕方などを教わって終了。
次回は永久歯の数がちゃんとあるかレントゲンで調べるそうです。

今回染め出しといって、歯垢に色をつける液で歯磨きの練習をしました。

仕上げ磨きといってもイマイチなにをしていいか分からずにいたので、染め出し液は買ってもいいかも〜と思いました。

でも、以前こんな本を読んだので、歯を磨くこと、表面をきれいにすること=虫歯予防じゃないよなぁとは思ってました。

子供の歯磨きを禁止した歯医者さんの話「子どものむし歯予防は食生活がすべて」黒沢誠人・幕内秀夫著

精の不調、結局は腎だった

2年ほど前からママ友に紹介してもらって中医学の施術を受けいて、自分なりに中医学について学んできました。

中医学では精の概念というのがあります。

精とは生命活動のもっとも根本的な物質となるもので、先天の精と後天の精がある。

先天の精は、父親の精と母親の精が合体した先天的なものだが、受け継ぐ量はほんのわずかなため、絶えず後天の精の供給を受ける。

これらの後天の精と、腎に蓄えられた先天の精とが合わさったものを腎精という。

腎精は、骨や歯の発育、髄の生成、脊髄や神経、大脳皮質を健全に保つなど、成長に関わる働きを担っている物質だ。

引用 オールカラー版 基本としくみがよくわかる東洋医学の 教科書 

で、この腎精が不足すると西洋医学で言うところの

  • 婦人科・泌尿器科などの生殖器
  • 精神科の恐怖心、不安症、ショック状態
  • 耳鼻科の耳
  • 尿道と肛門
  • 整形外科の骨
  • 歯科の歯
  • 皮膚科の髪
  • 脳外科や脳神経科の脳

などの精の不調による症状が出てきます。子供の場合は夜尿症、小児ぜんそくなどの症状が見られます。子供はそもそも腎気未充なので。
うちの子たちはおねしょもするので、歯とタブルで腎気が落ちてるなぁと感じます。

原因は食事をきちんととらない、脾胃の働きの低下などです。

で、この腎精をどうやって増やせばいいかというと

  • 薬膳
  • 漢方
  • ツボ押し

あとは冷え対策に温かい飲食物や服装を心がける事なのですが、子供となると漢方は使えないし、私の受けてる中医整体も子供の施術はしていないというし…

食事は果物は多めだけど、気をつけてはいるし…

冷えないような服装を用意しても最近はさっさと靴下なんかは脱がれてしまいます´д` ;

子供の体質改善てどうすればいいのかなーと思っていたところ、浮かんできたのはコウケントーでした。

コウケントーは人工光線治療器で、熱と光で細胞の内呼吸を司っているミトコンドリアを活性させ免疫力をUPさせるというもの。

西原研究所はコウケントーが何台もあって治療の一環で使用しています。

こう聞くと大変怪しいのですが、見た目も大変怪しい。

画像引用http://kousen-hidamari.com/

ママ友おしげさんちで何度か浴びさせてもらったけど、ピンときたのは今年の年始に人生初のギックリ腰の時。足つぼ&コウケントーを当ててもらって、約3時間でギックリ腰から回復。驚異的でした。

人間の体にある60兆個の細胞1つ1つにミトコンドリアは住んでいて、それを活性化させてくれるというのだから万病に効くといっても過言ではないだろう。

実際、西原式育児のお仲間からコウケントーで子宮筋腫を小さくした話、骨折から2週間で歩けるようになったとか、結構驚異的な話聞くんですよ。

でも、そのビジュアルと値段(10万以上)に今まで手が出ずにいましたが、娘の虫歯の件で突然物欲ゲージが振り切りました。

実際コウケントーを虫歯に照射して痛みがなくなったという治験例もあります。歯だって細胞だからミトコンドリアはいるだろうしねぇ。考えてみたらそうかと今頃納得。強化照射もできるみたいです。

冷えは万病のもとだなんてカビの生えた古臭い言葉だと思ってたけど、やっぱり冷えは万病のもと。

次女の緑便の時も色々試行錯誤トライアンドエラーして、やっぱり三週回って冷えが原因だった。

夜道を歩く時のお月様みたいに、振り切っても振り切っても冷えが付きまとってくる。冷えが原因と認めたくないなかったんですよね。

娘の虫歯は悲しいけど、感情が揺さぶられる出来事はチャンスなのです。

というわけで、ヤフオクでコウケントーを落札する話に続きます。

(Visited 712 times, 1 visits today)