【むしろ台所診療所プロフィール】

むしろ台所診療所に興味を持っていただいてありがとうございます。
2012年、2014年生まれの姉妹の母、あすか(もむら)です。
私の詳しいプロフィールや、このブログで提供できるスキル、伝えたいことをまとめました。

簡単な経歴

  • 名前:あすか(もむら)←旧姓のあだ名です
  • 年齢:1983年生まれ
  • 住まい:東京の西のはずれ(チベットオブトーキョー)←都内在住の友人が名付けました
  • 出身地:長野県
  • 家族構成:夫と娘2人(2012年、2014年生まれ)と猫(パコ・雑種・オス)の5人家族
  • 職業:老舗写真館のカメラマン、オーガニックライフを提案するINYOUというサイトでライターをしています。

食事は手作りしているのに体調がよくない、という20代を過ごし、お宮参りから遺影まで撮影する老舗の写真館にいて子どもの癇癪が大変なのをたくさんみてきて「なんか、生き物として人間の子育てっておかしくない?」という漠然とした疑問を感じていました。

絶不調新婚時代


学生時代バーでアルバイトしていて、お店の常連さんと結婚。
お酒が大好きで、仕事の休みの日はバーテン時代のお客さんからお誘いいただいて、赤坂や汐留のオシャンティなお店で飲み明かすという腐ったOLでした。
でも、家では夫も料理が好きなのでご飯は手作りしていて毎日夫が作る愛夫弁当を持って仕事に行っていましたwでも、体調は絶不調。
仕事の休みが月5日と少なかったのもあるけど、だいたい月一くらいで休日は体調崩して寝ていました。

 微熱が続いて、病院に行ったけど原因不明

結婚式前後で仕事+結婚式準備のストレスが祟ったのか、微熱(37度ちょっと。平熱は36度前半でした)が続いて、近所の病院で精密検査を受けましたが原因不明。
膠原病の疑いがあるかも?と言われ大学病院の受診を勧められましたが
なんかおかしい!
食事とか生活習慣がよくないんだろうけど
病院ではそういうのは調べないんだなー
自分の体調は自分で管理しなければ!と強く感じました。

家族全員体調不良のデパート

自分たちで食事を作っているのに、なぜか体調は絶不調でした。
私は産後うつ、じんましん、副鼻腔炎など・・
夫は、じんましん、お酒がないと寝付けない、昼夜逆転、粉瘤、胃腸炎などなど・・
長女は、じんましん、乳児湿疹、3歳までに15回発熱、癇癪など
とにかく、家族全員で体調不良でした。
周囲の人よりもむしろ食事には気を使ってる方だと思っていたので毎食コンビニ弁当の人よりも、なんで私の方が体調不良なんだろう?と疑問でした。

病院に頼る前に、おうちでできる手当を学ぶ

妊娠をきっかけに色々気づき始め、2週にいっぺん図書館に通い、健康関連の本を月10冊〜15冊読んでいました。
その中で出会ったものを紹介します。

薬なし育児

マクロビオティックの陰陽の理論に基づいて、食で体調を整える「自然治癒力を引き出す食事と手当」という本に出会い色々試してきました。
子どもの発熱時に、りんごの葛煉りを作って解熱したり大人の発熱時に、第一大根湯(大根のすりおろし、生姜、醤油を番茶で割ったもの)を飲んで解熱したり下痢嘔吐の時に梅エキスを舐めたり台所でできるお手当が書いてあります。
薬なし育児ーむしろ台所診療所

西原式育児

西原式育児とは、歯が生え揃う(腸が完成する)2歳半頃まで母乳中心という育児法。
母子手帳では5〜6ヶ月から始める離乳食ですが、西原式は1歳半〜2歳半スタート。
赤ちゃんの歯はお乳を飲むための歯で、西原式で子どもを育てたお母さんが「魔のイヤイヤ期を経験しなかった」という驚きの発言から、育児書通りに育てていたうちの姉妹も途中から西原式へ転向。
消化に負担なものを食べさせてないので、夜泣きやグズリなどがなく、子育てが楽です。
アトピー、アレルギー、夜泣き、イヤイヤ、癇癪、発達障害などに悩んでいる人はぜひ読んでみてください。
西原式育児ーむしろ台所診療所

予防接種慎重派

長女は予防接種をフルコースで打ち、やたらに熱を出しました。
夫も打った予防接種で発症するかわいそうなタイプだったので次女は予防接種慎重派医師に相談しながら3種類5本だけ打ちました。次女は格段に熱を出さないので、予防接種ってなんだったの?と思うように。
疑問に思っている人、慎重に打ちたい人は参考になると思います。
予防接種ーむしろ台所診療所

砂糖なし育児

次女を1歳半で虫歯にしてしまい、削る治療はできそうもないし・・と調べまくって、親子で砂糖断ちをしました。
市販のお菓子を食べなくなって1年以上経ちますが体調もよくなったし、お菓子食べないといられなかった子どもがケーキ見ても「お姉さんになってからだよね」と言えるように!
砂糖なし育児ーむしろ台所診療所

削らない虫歯治療

砂糖なし育児の項にも書きましたが、次女を1歳半で虫歯にしてしまい「むし歯って磨けば止まるんだヨ 削って詰めるなんてもったいない!」という本に出会いました。
1年以上半経ちますが、むし歯の進行を生活習慣と歯磨きで止められています。
大人の虫歯も、ドックベスト療法という削らない治療があり私がドッグベスト療法を受けたレポも書いてあります。
削らない虫歯治療ーむしろ台所診療所

自分も子供も不快のないカラダに

色々没頭して勉強してきて、まだまだ勉強中ですが、食べたものが体にどんな影響を及ぼすかがわかってきました。
体質によって合う合わないが出てくるものもありますが
全ての人に共通して言えるのはこれらは体に悪さをするということ。

  • 冷たいもの
  • 質の悪い油
  • 精製塩
  • 精白糖

これらのものを避けるようになったら
自分も朝目覚まし前にどこも痛いところも不快なところもなく目覚められるようになり、子どもも、夜泣きもなくなり、鼻水や目やになど謎の分泌物もなく、熱を出してもパッと上がりパッと下がるようになりとても育てやすい子になりました。

家族の体調不良に悩んでいる人に価値を提供できます

お酒は飲んでいたけど、ちゃんとご飯は作っているのに体調不良が続く・・・
というところから、今はフリーランスですが、健康診断を受けなくても健康不安がない、という状態になりました。
気をつけているけど健診が不安・・という人や
病院では原因不明と言われた体調不良に関して、解決の糸口を提供できます。

西原式育児についてコミュニティの運営をしています

西原式育児については、非公開でFacebookのコミュニティを運営しています。
西原式育児に関して仲間がほしい、情報を共有したいという人のために
「西原式育児研究会〜育てよう健康な心と体〜」を立ち上げました。
有料で入会5,000円をいただいておりますが
メンバーから集まった情報の厚みは尋常じゃなく
子どもの体調管理について情報を集めている人には非常に価値があります。
詳しくはお問い合わせフォームからどうぞ。

体に不快がある、というのは能力にフタをする

世の中欲望に満ちていて、スイーツや焼肉を好き放題食べて病気になったら病院で人任せ、という人も多いです。
そういう人の体が無事かというと、そんなこともなく。
生まれ持った才能や能力というのが発揮されていないように感じます。
私も蕁麻疹が時々出ますが、かゆみという不快があると、集中力を奪われます。体に痛みやかゆみがない、という状態は持っている能力を最大限に発揮することができます。
すごい文章を書く才能があるのに、重度のアトピーで朝起きられないことで会社勤めに苦労している友人を何人も見ています。
学べば学ぶほど医療の闇は深く子どもを病気にして収益を得ようとしている人がたくさんいます。
自分のためにも、子どものためにも。
お父さんお母さんが、体のことをしっかり学んで能力を生かすことができるカラダ作りをしてほしい。
そんな思いでこのブログを書いています。
私の想いが届いたら嬉しいです。
記事の更新情報はFacebookからどうぞ(^^)
フォロワー4,000人突破!
むしろ台所診療所 – ホーム | Facebook

(Visited 26 times, 1 visits today)