ブログ書くのが遅い!!を解決した「ポメラDM200」

ワークライフバランス

こんにちは!人よりちょっと知りたがりの三児の母あすかです!

お母さんのための家庭の医学最強版、オンライン講座「はじめての中医学」や、西原式育児のオンラインコミュニティ「アンテナ」を主催しています。

今私のムネアツな話題はですね、ポメラです。

ポメラっていうのは文具メーカーキングジムの商品で「ポケット メモ ライター」の略でポメラです。

これはなんなのかっていうと「書く」専用のデバイス。
小型軽量で、MacBookの半分くらいのサイズ。
最強のテキスト入力マシーン。

最大の特徴は

ネ ッ ト に つ な が っ て な い

こと。

なぜこれを買ったかっていうと、私はとにかく書くのが遅い。
子育て中っていうのもあると思うんですが、とにかく遅筆。
発信で飯食ってるんだから、もっと早く書けるようになりたい。っていうのが悩みでした。
ノートとペンをいつも広げっぱなしにして、思いついたことをメモして、それを見ながらパソコンやスマホで記事を書いたりしてました。
パソコンやスマホは色んなことが出来る分、とっっっっっっっっっても気が散るんですね。
パソコンを開けば通知やリマインダーがピロンと鳴るし、Youtubeが見れたり、調べ物ができたり。
パソコン・スマホは書くまでのアクションも多い。
パスコードを入力して、メモアプリを開いて、書こうとする。までに通知がピロンピロン。色んな障壁を乗り越えて書く。

で、前々から気になってたポメラでしたが、新宿のヨドバシで実物を見てみたら「ビビビ!」ときて。
ちょっと値が張りましたが(40,000円弱)
買ってみたら、今までブログを月1本書けるか書けないかという状態だったのに週1本書けるように!!!!!!

今までノートにネタを書き出してて、それもすんごく良かったんですが(イラストも書くので)ノートに書くってことは、アナログからデジタルにするっていうワンクッションが発生するのがデメリットの一つ。
もう一つは、出先でネタを思いついて、ノートを持ってない時など「今良いこと思いついてるのにーーーー!」っていうことも多々。
よく、夕飯作ってるときに「私今いい文章が降りてきてるぅぅぅぅーー!」ってことが多くて。
子供2人の時まではパソコン開いて勢いで書いたりしてたんですが、3人になったらなんでかできない(´д`)千手観音じゃないからね。

短い文章はスマホでもサクッと書けるんですが、ある程度ボリュームが出てくると全体のバランスを見たりするのに大きい画面じゃないと書きにくい。iPad+Bluetoothキーボードも試したけど、Bluetoothキーボードの電源入れて繋いで、、、っていうプロセスでもううああぁぁぁぁーーー!ってなってましたw

ポメラを使ったブログの書き方

↑私のお気に入り執筆セット。左下がポメラです。

最近は勉強用に買ったボイスレコーダーに思いついたこととかを、モノになるならない、形にするしないに関わらず、とにかく吹き込む。で、思いつきをピン留め。ブログにするネタをボイスレコーダーに吹き込んで、それをポメラに書き出したりしてます。
一見遠回りなように見えるかもですが、私にとっては今このスタイルが一番早く書けます。

考える、と書く、を一緒にしないほうが、実は早く書ける。

冷蔵庫から食材出して、切って、炒めて、ってやるよりも、食材出す出す出す、食材切る切る切る、って工程をまとめた方が早いのと同じだと思うんです。

ポメラは前からずっと気になってたんですが、使ってる人も見たことないしで忘れてたんですね。
書きたいことはたくさんあるのに時間が無い!書けない!書きたいことはあるのにまとまらない!っていう便秘状態が続いてたので、ずっと模索してました。

キングコングの西野さんも本当にコンスタントに毎日毎日記事をアップしてる。あれにプラス絵を書いたり、色んなことをやってる。
何かこうアウトプットの流れが出来てるんだなと思ってて。

買ってみて、時間は24時間と変わらないのに、デバイス(周辺機器)を買えただけでこんんんんんなに違うのか!っていう感動。
いかに、ネットにつながってるってことが気が散ってたか。ってことですね。

デメリットがあるとしたら、アナログは電源がいらないのでいつでもパッと開いて書けるけど、ポメラは開いてから書くまでに「1、2、3、4」くらいはかかる。
あとは、デジタルなので、充電は必要。といっても、2週間くらい平気で持ちます。(使用頻度やバッテリーの消耗具合にもよるけど)

あとは、パソコンに同期したり、メールで送ったりするのに、gmailの二段階認証がちょっとややこしい。苦手な人は最初戸惑うと思う。。

ピカソが生涯どれくらい作品を作ったか?

あるメルマガで流れてきた話なんですが。
パブロ・ピカソは世界で有名な画家の1人。
1枚の絵が200億で落札されることもあるようなとんでもない巨匠。
ピカソが92歳まで生きた中、でどれくらい作品を作ったと思いますか?





答えは、14万7,800作品。
1日大体5作品くらい作っていたことになります。
なかなか驚異的な数字ですよね。
質の高い作品を1つ1つじっくり何年もかけて作ったんじゃなく、大量にどんどん作り出していたそうです。
天才のピカソが毎日5枚もの絵を描き続けているんだから、凡人の私はどれくらい記事やイラストを書いたら良いのかw
とにかく、書いて書いて書きまくるしかないなと。

ブログなかなか書けてないよ、っていう人には、こんなアイテムがあるよ!っていうお話でした。参考になれば幸いです!

ジタルメモ ポメラ ブラック DM200

▷遅い離乳食・イヤイヤなし「西原式育児」に関する記事が400記事以上ある月額1,200円オンラインコミュニティ「アンテナ」

▷お母さんのための家庭の医学最強版全9回講座「はじめての中医学」受講生募集

次回は最終回 9月13日(月)10時〜!また来年4期やります!

 

 

 

(Visited 106 times, 6 visits today)