箸が転げてもイライラする。母のイライラ・かんしゃくとは?

中医学

こんにちは!人よりちょっと知りたがりの三児の母あすかです。

中医学を勉強しながらお母さんのためのオンライン講座をしたり、西原式育児のオンラインコミュニティをしています。

妊娠中、授乳中で、イライラがおさまらない!というご相談、よく受けます。
平たく言うと、血が足りないからイライラします。

妊娠・出産・授乳は、大量出血しているようなもの。

中医学では肝という臓器が血を貯めてくれています。
血をお金に例えると。
基本は月々の収入でまかないますが、足りなくなるとどうするかというと。
肝に貯めてる血(定期預金的なモノ)から引き出して使います。

そうすると、肝という臓器は血で満ちてないといけない臓器で、血が足りなくなるとラジエーターのように熱を持ちます。

結果!
肝は怒りをつかさどる臓器なので、プンスカするわけです。

イライラをおさめる方法、考え方をまとめてみました!

血が足りないと、甘いものが欲しくなる

女性は血で満ちていないといけない生き物ですが、生理や妊娠・出産・授乳で大量出血してしまいます。

薬膳の視点では、甘いものは脾(消化器のおやぶんみたいな臓器)に入って血を作ると言われています。

甘いもの好きの女性、多いですよね。

血は筋肉に貯蔵できるので、筋肉が豊富な男性は女性ほどメンタルが乱高下しません。
女性のメンタルを海に例え、男性を湖に例えるのもこの辺から来ていると思います。

甘いものといっても、薬膳で言う甘味はスイーツではなく、ホッコリ系の食材。

血が足りなくて甘いものを欲しているときに、世間では砂糖に走りがち。
ですが、砂糖は体の中をドロッとさせるモノと考えるんですね。

例えば、砂糖入りの飲み物をテーブルにこぼしたら、ベタベタするじゃないですか。
あれが体の中でも起こっていて、砂糖は体の水をドロつかせて、結果体を冷やします。

なので、甘いものが欲しい~!というとき、私は甘栗、芋、レーズン、プルーン。この辺をむさぼります。

(スイーツを買うこともあるけど(´д`)

あとは、豆乳プリンを500ml分くらい大量に作ってむさぼると、イライラがおさまったりします。

豆乳プリンレシピ/血が足りないあなたへ
ドデカプリンレシピ

家ではチマチマ作るの面倒なので、こんな分量でやってます。

☆プリン
・豆乳500ml
・卵3個
・砂糖40g

☆カラメル
・砂糖50g
・水50g

※アガペシロップやメープルなどをあとからかけるのも◎です!

☆容器

野田琺瑯レクタングル深型L

アムウェイの大フライパンで30分蒸してます。フッ素加工のフライパンだと何故かすが入ります💦

イライラしてる自分に気づいたら「あ、私、血が足りないんだわ」といたわってあげてください。
横になるだけでも造血されますので。

イライラ解消のツボ

ツボのオススメは、頭臨泣(あたまりんきゅう)というツボ。
ここから、イライラの熱は吹き出てくるので、イライラしてる人は超痛いです。
つむじ風くんでグリグリするのもイイです。

温かい空気は上昇するという自然現象と同じで、人間の体内の熱も上に上昇しやすい仕組みになっています。
頭に熱がたまっていれば、イライラしたり、頭痛が起きたり、最悪脳梗塞になることも。
その熱をおろしてくれるのは、足湯。
足下が冷えてると、全身を気血が巡ることができず、頭に熱がのぼってイライラします。

膝下くらいまでの足湯で、ゆったりするのもオススメ。

あとは、抑肝散(よくかんさん)という漢方もいいです。
クラシエの抑肝散はダイレクトに「イライラ」とパッケージに書いてあるw
体に合ってると、美味しく感じます!

私も相当イライラしてる人でしたが、血を増やす方法を色々しって、だいぶメンタルが凪になりました。

子供のかんしゃくも大変だけど、お母さんのイライラも家族の不和になっちゃうので。血を増やしていきましょー!

▷2022年9月28日(水)10時〜13時「歯痛〜虫歯じゃないのに歯が痛い〜」中医学実践コース#12

産後歯の不調に悩む人必見!

▷10/26(水)「喘息〜肺の不調の大半は肺が原因じゃなかった」“たぶん、世界一笑いながら学べる”中医学実践コース#13

▷遅い離乳食・イヤイヤなし「西原式育児」に関する記事が500記事以上ある月額1,200円オンラインコミュニティ「アンテナ」

 

▷写真撮影・ホームページ制作のご依頼はこちら!

写真撮影、ホームページ制作、ロゴ制作など色々やってます〜

 

(Visited 235 times, 1 visits today)