【受付終了】3月11日(水)オンライン講座「はじめての中医学」3時間目[気・血・水を知ってバランスを整える]

はじめての中医学



こんにちは。5歳7歳姉妹の母あすかです。

足つぼ・経筋施術そえる堂神谷成美さんと一緒に、月に一度ペースでオンライン講座「はじめての中医学」を行なっています。

まさかの、視力が上がった?

最近メガネを買い換えました。

普段コンタクトで、自宅では度の低めのいい加減なメガネをかけてました。

メガネ屋さんでコンタクトの度を伝えると、矯正視力が1.2出ているので、見えすぎているのでは?と言われました。

あれ?確かコンタクト作るときは0.8から1.0くらいだったと思ったけどな。

それまではジワっと1〜2年ごとに少しずつ下がっていたのですが、3年ほど前に中医学に出会ってからコンタクトの度が下がらず維持していました。

ここで、視力が上がった?まさかの!

視力=精のモンダイ

周りの子達を見ていると、字が読める年中〜年長くらいになるとメガネをかけ始める子がクラスに数人出てきていました。

視力は肝のモンダイかと思っていましたが、年齢に見合わない老化は腎精のモンダイなのかも。と、思うようになりました。ということは、5〜6歳からのメガネはその年から老化しているとも考えられます。実際、1年生で白髪、という子が娘と同じ学校にいます。

 

 

【腎精とは】

五臓で作られる生命を維持する重要な物質のうちの一つで、生殖能力や発育、生命活動の維持を担っています。

腎のエネルギーがゼロになった時に死が訪れます。

精は充電池(エネループやエボルタ)みたいなもので、先天的なもの(父母から受け継いだもの)と後天的になものがあります。

腎に蓄えられている生命エネルギーの源=腎精と呼ばれ、食事や生活の不摂生で消耗したり、加齢によっても減少していきます。

冷たいものや恐れの感情は腎精を消耗します。

西原式育児は冷たいものは徹底して摂取しませんが、ストイックに見られがち。ですが、冷えの影響は根深いのです。。

5〜6歳から老化している子供達が将来、生殖能力が備わっているかは甚だ疑問ですね…

冷中毒から3年かかって脱してみたら、視力が上がるというミラクルまで起きました。

現代人が普通に生活していたら、生命エネルギーの源=腎精は削れる一方。腎精を守るにはどうしたらいいか?を特に次の授業ではコンコンとお話しします!

3時間目 講座概要

【日時】2020年3月11日(水)10時〜12時 12時〜13時頃まで質疑応答(自由退出可)
【内容】2時間目『気・血・水を知ってバランスを整える』
【受講方法】WEB会議室アプリzoom
【定員】20名
【状況】受付終了
【お申し込みの流れ】

Step1)フォームからお申し込みを送信してください

Step2)お支払い方法をメールでお知らせします

Step3)ご入金確認後、購入時のメールアドレス宛にWEB会議室zoomの招待URLを送信します

Step4)スマホやパソコンからオンライン受講できます

【金額】

新規受講4000円

復習リアルタイム受講2,000円(昨年受講した方)

全9回まとめて購入 34,200円(5%OFF)

※オンラインショップBASE決済

お申し込みお待ちしています!

 

(Visited 198 times, 1 visits today)
お知らせ

オンライン講座「はじめての中医学」受講生募集中
https://mushiro-kitchenclinic.com/chui-nyumon-foam/
そえる堂×むしろ台所オンラインサロン「アンテナ」メンバー募集中
\70人突破/
https://mushiro-kitchenclinic.com/antenna-form/

アンテナの中身を覗き見(有料note記事)
中医学から見たイヤイヤ