【開催報告】バイリンガル育児ランチ会@東京八王子

コラム



こんにちは。4歳6歳姉妹の母あすかです。

5月18日に大阪から辻智美さんをお呼びして、”ことのは”バイリンガル育児ランチ会を主催させていただきました。

▷ことのはバイリンガル育児とは

智美さんとは西原式育児繋がりでfacebookで交流させてもらっていて、2年前にサラッとバイリンガル育児ランチ会にさわりだけ参加させてもらったのです。
あのお話また聞きたいなーと大阪に行く計画を立てよう立てようと思っていたら、なんと智美さんが来てくれることに❤️
バイリンガル育児ランチ会を私の斜めからの目線をレポしました!

スキルを習得することの真髄

智美さんのお話は英語でしたが、何かの技術を自分のものにするための本質的な話だよなーとお話を聞いてて思ったのです。
世の中、習い事も産業なので、すぐに身についてしまっては困るわけですよ。着付け教室だってそう。本当は数回で済むような話を、少しずつ少しずつに分けてお金をかけて教えてるわけですよ。
子供と英語というのも巨大なマーケットなので、0歳から早期教育♪とか色んな情報ありますよね。早いうちから始めるとイイとか全然ピンとこなくて。(私の場合は生活するのに必死でそういう余裕がなかっただけっていう話もありますが…)
誰しも語学を身につける力はあって、本来苦労せずに習得できるはずなのに、莫大なお金をかけたりするのは違うよなーっていうのは漠然と思っていましたが、智美さんのお話でスッキリ!
ざっくりどんなお話だったか要約すると…

  • 小さい頃から英語を学べば習得できるとしたら、今喋れてる人がたくさんいないとおかしい
  • 子供をナショナルキンダースクールに入れても長期休みで英語力が飛ぶ。サマーキャンプに行くように指令が出てまたさらにお金がかかる
  • インターナショナルスクールは本来日本在住のお仕事で駐在されている多国籍のお家の子供を保育する場。先生とスペースさえあれば無認可でも成立するので増えている
  • 1秒間に鼓膜を振動させる数→ヘルツ(周波数)が日本語と英語は範囲が違う。日本人はカタカナ英語と言われるのはこのため。
  • 日本語と英語は拍数が違う。マ・ク・ド・ナ・ル・ド→五拍五文字 英語なら三拍一文字。英語が早口に聞こえる理由!なるほど!

冒頭から目から鱗…
詳しくは智美さんのランチ会に参加してみて欲しいのですが、個人的にすごくグッときたのは
子供が始めたくて始めるわけではないので嫌がったらおしまいだから
子供自身はただ遊んでる、本人努力せずに身につけれるように親が細心の注意と努力を払う。

というところ。
自分も技術職なのでわかるけど、何ごとも始めるのは簡単、やめるのも簡単だけど、続けるのって本当に難しい。
習い事に週に一回行って身につく人もいるかもだけど、やっぱり一番の近道は毎日やること。
歯磨きとか米を研ぐレベルまで落とし込むこと。私は文章も写真もそうやって習得してきました。毎日が一番習慣化しやすいんですよね。
身につくまでやめなくて済むことに責任を持ってるから習得できる。しかも本人の努力なしで。
智美さんの長女さんは歌もとても上手で私は姫一号ちゃんの大ファン❤️なのですが、大人が楽しんでるセッションバーとかに放り込むのがお上手なのでイヤにならないんだな。智美さんはそゆとこがほんとに上手い。
そういうスキルを身につける上での本質を掴んでる智美さんのお話は本当に楽しかったです。
せっかくこういう機会に恵まれたんでことのはメソッド始めたいな〜とは思うものの、上はもう小学生だし、学童行ってるし、音入れも時間どれくらい確保できんのよ!?と正直モチベーションは低めですが…私はここからのスタートなんだと思います。
目下の目標は、ニュージーランドに家を買ったライター仲間のまどぷの素敵ハウスに遊びに行くのだ。
とりあえず、マジカルストーリーズをメルカリで買ってみようと思います。なにはともあれ行動してみます。
また智美さんのお話を聞くために、自分のために、東京開催したいと思います。
次はもうちょっと都内で場所とりますw

智美さんのお話聞いてみたい方はこちらからどうぞ〜↓
ことのは〜英語力ゼロからのバイリンガル育児〜

(Visited 102 times, 1 visits today)