3歳児に炒め物を作ってもらいました!台所育児は作業スペースが大事。




なんでもお手伝いしたいお年頃の

3歳半の長女。

坂本廣子さんの台所育児という本を読んでから

積極的に台所仕事をお手伝いしてもらっています。

ついに!

炒め物のお手伝いに挑戦しました。

f:id:mrrorwndw:20160217141507j:plain

横で鬼のように仁王立ちで見守る母。

f:id:mrrorwndw:20160217141519j:plain

いっちょまえですね〜

メニューはアスパラとベーコンとまいたけの炒め物です。

食材を切ってフライパンに入れるところも

やってもらったので

結構達成感あったみたいです。

おとうさんにも自慢していました。

3歳児に炒め物を作ってもらえるとは・・

感動ですね(T ^ T)

パン作りをお手伝い

f:id:mrrorwndw:20160217145507j:plain

母がパン作りを長年しているので

私も趣味で天然酵母パンを焼きます。

もちろん長女もお手伝い。

f:id:mrrorwndw:20160217145513j:plain

ちっこいパンを作って焼きます。

二人作業できるスペースを確保する

f:id:mrrorwndw:20160218114436j:plain

以前は洗いかごを使っていましたが

パン作りのために作業スペースが欲しくて

撤去しました。

洗いかごって便利なんですけど

「ベッド」みたいなもので

スペースを占領するんですよね。

「布団スタイル」にして

必要なときだけふきんを敷いて

そこに洗い物を置いていくという

方式に切り替えました。

作業スペースがあると

ふたりで2枚まな板を使って

食材を切ることができたり

見守りながらできるのです。

これからの課題は

1歳の次女をどこから台所育児に参加させるか

ということですねぇ・・

坂本廣子さんの台所育児には

「1歳から包丁を」と書いてありますが。

うーん。

(Visited 93 times, 1 visits today)