【受付終了】5月21日(木)オンライン講座「はじめての中医学」5時間目[見て、聞いて、話して、触って診断する四診(ししん)]

はじめての中医学



こんにちは。5歳7歳姉妹&9月予定日妊婦の母あすかです。

足つぼ・経筋施術そえる堂神谷成美さんと一緒に、月に一度ペースでオンライン講座「はじめての中医学」を行なっています。次の講座は「見て、聞いて、話して、触って診断する四診(ししん)」

人は思っているより、見た目から病気のサインを発していますよ!というお話です。

ある日突然病になることはない

鍼灸院や漢方薬局では、患者に質問したり、五感を使って四診を行います。
患者の見た目や動きなどを観察→望診
聴覚や嗅覚出患者の声の状態、分泌物などのにおいの異常を聞き分ける→聞診

患者から直接症状や置かれた環境、既往歴などを聴く→問診

実際に患者に触れて脈や腹部を触診する→切診

これらの情報を総合して「証」(西洋医学でいう診断)を立て、その証に基づいて経穴や部位に鍼や灸をしたり、漢方薬を処方するかという治療法を決定します。

四診の理論を知ると、必ず病の前には現代医学では病とは言えない伏線があるんだな、体は教えてくれてるんだな、とつくづく思います。

最近は夫がみぞおちが痛い〜というので、時間帯を聞きました。

夜7時〜9時くらいの間に痛むのと、朝9時〜11時に咳が出るとのこと。
朝の咳は脾の症状。夜は心包の時間。

胃の経絡上に痛みを伴う吹き出物も出ていたので、おそらく脾の症状だろうと思い「消化が負担なのかも〜」と伝えると自分なりに思うところがあったみたいです。
職場でコロナ感染の濃厚接触者がいたので、気を揉んだんじゃないかなと想像しています。
カラダは三つくらいの症状を同時に出して、今あなたのここの臓器大変ですよ!とお知らせしてくれてることが多々あります。

病気への恐れは学びで払拭できる

新型コロナウイルスで生活が激変している人も多数だと思いますが、私個人としては病気への恐れは全くといっていいほど無いです。(この先どうなるんだろう〜とか未来への漠然とした不安はあります)

なぜなら、どういう経過を辿って病になるのかを学んできたから。
感染症とは何か。どうしたらならずにすむのか。かかっても早く軽く経過させるにはどうしたらいいか。
その辺りは中医学が得意分野。

恐れていると体調が下がって生き霊とか憑きやすくなるそうです←いきなりオカルトですが、マジです。
一緒に学びましょう!

5時間目 講座概要

【日時】2020年5月21日(木)10時〜12時 12時〜13時頃まで質疑応答(自由退出可)
【内容】4時間目『見て、聞いて、話して、触って診断する四診(ししん)』
【受講方法】WEB会議室アプリzoom
【定員】15名
【状況】受付中
【お申し込みの流れ】

Step1)フォームからお申し込みを送信してください

Step2)お支払い方法をメールでお知らせします

Step3)ご入金確認後、購入時のメールアドレス宛にWEB会議室zoomの招待URLを送信します

Step4)スマホやパソコンからオンライン受講できます

【金額】

新規受講4000円

復習リアルタイム受講2,000円(昨年受講した方)

全9回まとめて購入 34,200円(5%OFF)

※オンラインショップBASE決済

お申し込みお待ちしています!

【そえる堂×むしろ台所診療所オンラインサロン「アンテナ」】

西原式育児や中医学、量子医学の情報交換コミュニティ「アンテナ」

▷こんな人にオススメ

  • 西原式育児をやってみたけど、辛くて続かない。
  • 洋服を着せられない。離乳食がうまく進められない。
  • ゆるく取り入れたけど、イヤイヤがひどい。
  • 病院に行っても解決しない体調不良がある

詳しくはこちら↓

そえる堂×むしろ台所診療所オンラインサロン【アンテナ】入会のご案内

(Visited 166 times, 1 visits today)